読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watamasa diary

過去の事とかいろいろ書いてます

買取詐欺に合わない為の優良店の見分け方!!

買取詐欺に合わない為の優良店の見分け方!! / watamasa diary

インターネットを使った宅配買取サービスは、その便利さから最近ますます人気になってきています。

宅配買取は、送料や手数料などの費用負担がないところが増え、売り手の負担はほぼ0で買い取ってもらえるので、利用したことのある方も多いのではないでしょうか。

基本的には、安心して利用できる業者ばかりですが、中には悪質な詐欺のようなことをしている業者もいますので、注意をしなくてはなりません。

インターネットに慣れていない方や初めて買取サービスを利用する方は、特に気を付ける必要があります。

このような、詐欺を行っている業者には、いくつか特徴がありますので、1つずつご紹介していきます。

1.キャンセル時の返送料が有料

買取を依頼するときの送料は無料の業者が多いですが、査定結果が分かった後、キャンセルした場合の返送料が有料のところは注意した方が良いです。

「送料無料」「手数料無料」などの文言に目をとられがちですが、返送料はどう規定されているのかチェックしましょう。

理由としては、「返送料が有料=売り手は、買い取り額に納得がいかなくても、返送料が自腹になる事が嫌なのでしぶしぶ売らざるを得ない!」となるからです。

詐欺業者はそうなることを予想しており、非常に安い値段で査定をします。

そして、お客さんが「キャンセル」と言えば、「返送料は有料」という事を伝え、強引に納得させるのです。

そうすれば、安く商品を仕入れられそれを高い値段で転売することで大きな利益を得ていくことができるのです。

 

2.買取価格表を掲載していない

買取業者のHP上には、よく「高価買取!」とか「買取価格10%アップ!」などといった文言が大きく掲載されています。

目立つので目に入りがちで、本当なのかあまり怪しまずに受け取ってしまいがちです。

しかし、よく考えてみると、本当に高価買取なのでしょうか?

本当に10%アップしているのでしょうか?

HP上に買取価格表が掲載されている業者であれば、買取価格の基準を何となくでも知ることができます。

他店と比較して買取額が高いのか、基準額から10%アップしているのかなどをチェックすることもできます。

そのため、HP上に買取価格表を掲載している業者の方が、安心して買取をお願いできるといえるでしょう。

買取額の基準が分からなければ、買取業者は好きな値段を付け放題になり、お客さんをだますことも可能になるのです。

 

3.古物商許可番号の掲載がない

リサイクルショップなどの買い取り業者は、各都道府県公安委員会から古物商行の許可を得る必要があります。

そのため、きちんと許可を得ている業者であれば、「古物商許可番号」を持っています。

その業者の会社HPをチェックし、会社概要のページなどにきちんと記載があるかチェックしましょう。

同時に、「店のメールアドレスはフリーアドレスではないか」などもチェックすると良いポイントです。

 

4.飛び込み訪問の業者

飛び込み営業で、セールスマンのような人が急に家を訪ねて来ることがあります。

「いらなくなったアクセサリーなどありませんか?」と買い取ろうとする場合もあれば、逆に売りつけられる場合もあります。

家までやってくるので、強引な営業をされてもなかなか追い返すのが難しいです。

このような飛び込み訪問の業者は、ほぼほぼ詐欺業者だと思って間違いありません。

理由としては、飛び込みで訪問してもその人が買い取れるものを持っているという確証がありませんよね。

買い取れるものを持っているか分からないところへ飛び込むのは、買い取り業者としても非常にリスクが高いです。

大手などのきちんとした業者であれば、飛び込み営業なんかせず、広告費などに時間と予算を割き、 1人でも多くの方に会社のことを知ってもらい、利用してもらえるよう工夫をします。

飛び込み訪問の業者のしていることは、大手業者にとっては非常に無駄なことなのです。

それでも、飛び込み訪問が来て、玄関先に入れてしまったときは、まず「古物行商従業者証」を携帯しているか確認しましょう。

「古物行商従業者証」は古物商の従業員が、行商を行う際に携帯する従業者証で、必ず携帯しているはずの証明書です。

急に飛び込み訪問してくる時点で怪しさ満点ですが、まずは「古物行商従業者証」を提示するようお願いし、確認しましょう。

 

5.それでも詐欺業者の被害にあってしまったら・・・

注意していても、巧みな詐欺業者に引っかかってしまう可能性は誰にでもあります。

万が一、被害にあってしまったときは公的機関に相談するのが良いでしょう。

・法テラス(日本司法支援センター)http://www.houterasu.or.jp/

国民生活センター http://www.kokusen.go.jp/

・消費者相談センターhttp://www.shousen.org/akutoku/index.html

最近ではたくさんの買取業者が存在し、インターネットを介した買取はますます増えていきます。

売り手にとっては非常に便利な仕組みで、気軽に依頼できたり、手間がかからなかったりするので利用しやすいです。

買い手にとっても、中古で安く商品が買えるなどのメリットがあります。

リサイクル業者を利用する際は、きちんとした業者に依頼することが大切です。

とんでもない詐欺業者が多数存在していることも理解し、注意して業者を選択するようにしましょう。