読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watamasa diary

過去の事とかいろいろ書いてます

洋服の売り時を考えてお部屋を綺麗にする方法!!

洋服の売り時を考えてお部屋を綺麗にする方法!! / watamasa diary

衣替えの季節になると、シーズン中に着なかったお洋服が目につきますよね。

「結局この服、全然着なかったなあ・・・」なんて思うタイミングがあると思います。

そんなときは、リサイクルショップか宅配買取店へ売却して、少しでも良いからお得に売っちゃおう!となります。

・・・ですが!注意しなくてはならないことがあります。

それは、「洋服を売るタイミング」です。

どのタイミングで買取に持っていくとより高値で買い取ってもらえるのか、ポイントをいくつかご紹介します。

1.シーズンを考えて持っていく

リサイクルショップにとっては、来シーズン到来前に来シーズンのものをたくさん買い取って備えておきたいものです。 今の季節が春なら夏物が高く買い取ってもらえます。 逆に、現シーズンの春物やもう去ってしまった冬物は、これから到来する暑い季節に売れないので、買い取ってもらえないことが多いです。 買い取ってもらえても、

  • 値段が付かない
  • 1円など超超激安で買い取られる

上記のパターンがだいたいの傾向です。 前シーズンのものや現シーズンのものは段ボールなどにまとめておき、 また1年後に買い取ってもらうようにしましょう。 せっかくなので買い叩かれるよりも、 自分の納得いく値段で買い取ってもらえるように工夫すると良いですね。

2.持っていく買取希望アイテムは極力少なく

処分してもらいに沢山の荷物を持って行ったり、売る服の選別などは手間がかかりがちなので、 まとめて一気に済ませてしまいたい!というのが普通の心理です。 そのお気持ちは良く分かりますし、とても共感できます。 しかし!ここがポイントなのです! たくさんの洋服を重たいのにも関わらず、一生懸命持っていきますよね。 すると、リサイクルショップ側は、お客さんが再度持って帰るのを面倒くさがることを分かっているので、安く買い叩きます。 ブランドものや状態の良いものがあっても、相当の値段がつかないこともあります。 きちんと査定してくれるリサイクルショップばかりではないので、売り手側が注意する必要があります。 せっかくのアイテムを安売りすることのないよう、気を付けましょうね。 おかしいと思ったら、売らずに引き取る勇気を持つことも得策の1つです。 持っていく手間を省くなら宅配買取店での査定がお勧めです。 沢山の荷物でも無料で段ボールを発送してきてくれるので、足元を見て買い叩くお店は少ないので、気軽に利用できるところもまた依頼しやすいポイントです。

ファッション(古着)専門の宅配買取店を徹底比較!! / 古着 / watamasa diary
ファッション(古着)専門の宅配買取店を徹底比較!!

3.ブランドものだからって安心しない

洋服やカバン、アクセサリーなど、ブランドものはシーズン外でも高く売れるだろう・・!

という期待はあまり持たない方が良いです。

きちんと査定員の方がいて、その商品の価値をきちんと見極めて買い取ってくれるリサイクルショップももちろんあります。

しかし、全部のお店がそうとは限りません。

ネット上の口コミでも、ブランド物のワンピース(未使用、値札付きで定価約5万円のもの)を買取に出したら、 たった200円にしかならなかった!!!という声もありました。

例えば、ハイブランドの毛皮のコートが手元にあるけれど、着ないので売りたいと思っているとします。

ハイブランド品は、高価買取してもらえる商品ですし、どこのリサイクルショップでも買取強化アイテムとなっているところが多いです。

となると、やはり高価買取してくれそう!と思いますよね。

毛皮のコートなので、夏の終わりごろ~秋に買い取りに持っていくのがベストです。

冬で着られるからです。

これを冬の終わりや春頃に持ち込んでも、本来の相当価格で買い取ってもらえない可能性があります。

やはりシーズンは大切です。

毛皮のコートはクローゼットでもかさばると思いますが、せっかくのハイブランド毛皮コートなら、高値で買い取ってほしいので、 売るタイミングをきちんと見極めて、それまで保管しておきましょう。

 

最後に・・・・。 衣替えをきっかけに、まとめてごっそり売りたいと思いがちですが、「売るタイミング」はとても大切です。 リサイクルショップにきちんとした値段をつけてもらい、納得して売れるようにできることをしましょう! 少しの工夫で想像以上の高価買取になるかもしれませんよ!?