watamasa diary

過去の事とかいろいろ書いてます

なかなか洋服を捨てられないあなたへ!洋服を捨てるためにチェックすべきこと9選

洋服を捨てられない!洋服を捨てるためにチェックすべきこと9選 / watamasa diary

ショッピングに行くたびにたくさんの可愛い洋服が目に入りますよね。
ついつい買っちゃう!という方、お家のクローゼットがあふれかえってはいませんか? ファッション好きの方やなかなか洋服を捨てられずに新しい洋服が増えていくばかり!
という方にこそ参考にしてほしい、無駄なくおしゃれを楽しむために必要な洋服の捨て方についてご紹介します。

1.ファッションに何を求めるか考えてみる

どうしてファッションにこだわりますか?
おしゃれしたいから。 可愛く(かっこよく)なりたいから。
当然のみだしなみだから。 この「どうして?」を明確にすることで、あなたの「捨てる基準」が分かります。

2.洋服を捨てることでどうなりたいか?について考えてみる

洋服を捨ててどうなりたいですか?
お部屋やクローゼットをきれいにしたい!!
いるものといらないものを明確にしたい!!
不用品は売りたい!!
などどうしたいかを考えてみると捨てた後の完成イメージを持ちやすくなります。

3.理想の自分はどんな服を着ているか妄想してみる

仕事をバリバリこなす自分
友達とランチする自分
1人でショッピングする自分
など様々なシチュエーションで、自分はどのような洋服を着ていますか?
ちょっと想像してみてイメージを持っておくことで、どんどんおしゃれに近づけるはずです。

4.理想と外れているアイテムをチェック

広げてみてじっと見つめたり、鏡の前で着たり、あててみたりして、理想と「なんか違うな」と感じるアイテムを探してみましょう。

5.また買いたい!着たい!と思うかどうかでジャッジする

購入したときはとても気に入って購入したものでも、もう1度買いたいと思えるものは意外と少ないです。
安さやセール期間など、いろいろな条件に甘えて購入した洋服ってクローゼットに眠りがちですよね。

6.コーディネートできるアイテムがパッと2つ思い浮かぶか?を考える

合わせずらくコーディネートしにくい1人ぼっちのアイテムは、結局着なくなっちゃいますよね。
昔は合わせられるアイテムがあったけれど、それらを捨ててしまったというパターンもありますので、1度確認してみるべきです。

7.「わあ、懐かしい~!」 奇跡の再会アイテムこそ捨ててみる

不要なものがないかチェックしていると、必ず「わあ、懐かしい~!」という瞬間があります。
もはやずっと着ていないからこそ「わあ、懐かしい~!」となるのです。
思い出を取っておきたいのも分かりますが、こういうアイテムこそいっそ捨ててしまうべきアイテムなのです。

8.自分の好みから外れているものがないかチェック

普段あまり気ない系統の洋服でも素敵に思えたり、たまには冒険してもいいか!と思えたりして購入することはありますよね。
その後、着ていれば問題ないのですが、やはりクローゼットで眠っているのなら今後も着ないとジャッジしましょう。

9.「捨てようか悩む袋」に入れて溜まったら捨てる

特に大量の洋服がある方は、捨てるかどうか1度でジャッジできればいいのですが、後から「やっぱ捨てるんじゃなかった…」と後悔することのないように、迷ってすぐに捨てようと決められないものは「捨てようか悩む袋」に入れておきましょう。
溜まってきたら、着ないものは捨てて、売れそうなものはリサイクルショップへもっていきましょう。
「捨てようか悩む袋」に入れていてもなお悩むものはもう1度悩んでみると後悔することなく捨てることができます。

 

最後に・・・・。 洋服は、買い方も捨て方も人それぞれなので、自分にあった捨て方を知ることも大切です。
自分の基準を知ることで、捨てることもできますし、次からのショッピングにも生かせられます。
捨てられなくて困っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。