読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watamasa diary

過去の事とかいろいろ書いてます

お引越しの処分品を賢く一斉に売却可能な店舗を徹底比較!!

お引越しの処分品を賢く一斉に売却可能な店舗!! / 引っ越し / 高額買取ランキング 大型家電や家具をどのように処分するかはもう決まっていますか? ついでに持って行くのも良いのですが、引越運賃が莫大になりますし、少し汚れた家具などはついでに買い換えてしまいたいですよね。

Q.そんな時、どのような処分方法があるでしょうか? 引越の処分品の悩み / 引越 / watamasa diary

一般的な処分方法を一覧にまとめてみました

  • 街の粗大ごみ回収サービスに依頼
  • オークション(フリマアプリ)に出品
  • 地元のリサイクルショップに持ち込む
  • 宅配or出張買取のリサイクルショップに依頼

それでは、それぞれの概要を紹介していきます。

粗大ごみ回収サービスに依頼する

不用品回収業者/ 引越 / watamasa diary

東京都江東区の粗大ごみ回収サービスに依頼する場合、最低300円から粗大ごみを回収してくれます。 しかし2人用のソファになると1800円もかかります!! ダブルベッドも1800円と高額です!! まだまだ使えるのに日常生活で使っている家具を粗大ごみに出してしまうとこんなに高く付いてしまうんですね。 粗大ごみに出すくらいなら使える家具は売りに出したほうが良さそうです。

メリット

処分日が予約もできる。 業者さんが持って行ってくれる。

デメリット

処分料がかかる

オークション・フリマアプリに出品する

オークション / 引越 / watamasa diary

大手オークションサイトといえばやはり「ヤフオク」です。 会員数が日本のオークションでは最大であり、センスのいい家具を出品するとすぐに高く売ることができます。 フリマアプリも最近CMをたくさん打っていてユーザーが増えているので、以前よりも販売しやすくなっています。 では、デメリットは何でしょう? それは思ったタイミングで売れるとは限らないということです。 ダブルベッドが引越しの前に売れてしまったら寝る場所無くなります。 かといって3月に発送を行い、買ってくれた人にきちんと商品の保証を行うのは忙しいし難しいですね。 さらに大型の家具となれば発送も大変です。 まずは、大きくなればなるほど梱包する事がとてもい大変です。 送料に関しても、大型の荷物を取り扱っているところが意外と少ないことです。 佐川急便で(縦・横・高さのトータル)260サイズで東京から東京でも5886円!! う~ん!!結構高い・・・。 高く売れるという観点から見れば、確かにオークションは正解ですが、引越のためには向いていないといえるでしょう。

メリット

高額で売買可能!!

デメリット

出品対応 発送時の輸送費 発送先(業者)探し

リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップに持ち込む/ 引越 / watamasa diary

地元のリサイクルショップに持ち込めば、どんなタイミングでも家具や家電を売りに行けますね。 しかし車を持っていなければ、車を借りて、店舗に持ち込まなくてはいけません。 いくらで売れるかもわからない家具のために、レンタカーで軽トラックを借りるのはバカバカしいですね。 もしかすると思っていたよりも安く引き取られてしまうかも知れません。 こうなると 【引越家具を売却するタイミングを自由に選ぶ】 【売却金額もそれなりに高く】というこの2つが実現できるサービスは無いような気がしてきます。 しかし、最後に紹介するこちらのサービスならば実現できます。

メリット

自分のタイミングで売却可能

デメリット

金額が折り合わなかったら処分方法を再検討する 持っていく手間

宅配or出張買取のリサイクルショップに依頼する

宅配買取専門店 / 引越 / watamasa diary

宅配で送った商品を査定してくれるタイプのリサイクルショップであれば、都合の良い日に商品を発送することで、買い取りを依頼することができます。 リサイクルショップに発送する。 (大型の荷物がある場合なら出張買取を行っているお店に来てもらう。) 納得の行く査定であれば売却する。 リサイクルショップから入金されるという簡単な流れです。 これであれば日取りを気にせず、最後まで家具や家電を使った後に売却できますね。 この方法が簡単にできるだけ高額で引越しの処分したい物を売却する方法ではないでしょうか。

メリット

査定で気に入らなかった場合はキャンセル可能 出張買取で数社の見積もりも可能

スピード買取.jp (株式会社エース)

スピード買取.jp / 引っ越し / watamasa diary
買取品目 着物・切手・古銭・毛皮・金・プラチナ・洋服・お酒 ブランド・宝石・時計・骨董品・金券
入金完了まで 最短30分
営業年数 6年
メリット 出張買取のため、大量の処分品でも対応可能なこと 物を捨てるよりもエコ。 品目毎に売れる売れないを考えずに気軽に呼ぶことができるこ。 ノーブランドの洋服も買取可能なこと。
デメリット 家電の購入がないこと。

福ちゃん (株式会社REGATE)

福ちゃん / 引っ越し / watamasa diary
買取品目 着物・切手・古銭・毛皮・金・プラチナ・ブランド食器 ブランド洋服・ブランド品・宝石・時計・骨董品・家電
入金完了まで 最短30分
営業年数 1年
メリット 出張買取のため、大量の処分品でも対応可能なこと 大型家電の買取も可能!! 大量の処分品がある場合は出張買取も可能!! オペレーターと応相談可能!!
デメリット ノーブランド洋服は買取なし。

トレファク引越 (株式会社トレジャー・ファクトリー)

株式会社トレジャー・ファクトリー / 引っ越し / watamasa diary
買取品目 家具・電化製品(取扱い目安約10年)・食器 インテリア雑貨・スポーツ用品・楽器
入金完了まで 約30分程度
営業年数 21年
メリット 引越し作業も同時に申し込めるので、引越しながら処分が可能 大型の家具・家電なども買取対象なので手間がかからない 梱包資材の無料提供
デメリット 買取・処分のみでの申し込みができないため引越し時のサービスになること。 高価なブランド品の買取がないところ。

最後に・・・。 引越前に家具や家電を処分する前に宅配買取サービスを実施しているリサイクルショップや、出張買取サービスを行っている店舗を利用するのも一つの方法だと思います。 ショップによっては、ダンボールや梱包のためのエアークッションを用意してくれます。 また出張買取サービスを実施しているショップでは荷物を玄関まで取りに来てくれるので、日常生活で使っている家具も必要な日まで手元に置いておくことができ、都合の良い日に売却できます。 引越前の荷物もスッキリさせる事が出来て、新居での新しい家具を揃える為の引越費用が捻出できる場合もあります。 3月,9月は繁忙期なので、事前に予約をしておくことで、スムーズな査定をしていただけます。 多くのショップでは、ショップに向けて家具を発送するのが「無料」のお店が多いです。 引越しを簡単に費用も安く済ませるという点で見れば、こういった店舗を利用するのもありだなと思いました。

<こちらもあわせてご覧ください> 家電の買取(無料処分)店を徹底比較!! / watamasa diary 家電の買取(無料処分)店を徹底比較!!